トップページ > 仕事を知る > 登録販売者の仕事

医療事務の仕事

登録販売者は、OTCの第二類医薬品と第三類医薬品を販売することができます。Tomod’sでは入社して1年間の実務経験を経た後、薬剤師を除く全員がこの資格取得に挑戦し、高い合格率を誇っています。薬の専門知識を身につけた多くのスタッフが店舗に常駐していることで、地域医療の一端を担うドラッグストアとしての存在意義を高めています。

Tomod’sの登録販売者とは?

OTCの第二類・第三類医薬品を販売。

Tomod’sでは、登録販売者の資格取得のための講座や研修などを開催し、登録販売者を目指す社員を積極的に応援しています。資格取得後は、OTCの第二類医薬品と第三類医薬品の販売・アドバイスが可能になり、お客様から信頼される健康のよき相談役として活躍することが可能です。

気軽に相談できる医療人として活躍。

登録販売者は店舗で接客対応する機会が比較的多く、お客様からも相談されやすい存在です。お客様とコミュニケーションをとりながら、薬に関する専門知識を活かして最適なアドバイスを行うことで、継続的に信頼関係を築いていくことができるようになります。

実績を積み店長として店舗の運営も。

登録販売者として店舗で実務を経験した後は、店長として店舗を運営していく業務を目指すこともできます。売場づくりや商品知識の蓄積など、店舗運営に関わる知識やノウハウを、登録販売者として働きながら身につけることができます。

◎登録販売者としてTomod’sで働くPOINT

  • 一度取得すれば一生涯保持できる登録販売者(国家資格)を会社のバックアップで取得できる。
  • 第二類・第三類医薬品の販売・アドバイスが可能。
  • お客様の身近な相談役として活躍。
  • 経営的な視点を磨き店長としての道も。
  • 専門性を磨き、ライフステージに合わせて長く働き続けられる。